【goo of thingsいまここ】子供見守りサービスの効果的使い方

【goo of thingsいまここ】出中の子どもを見守って安心

いまここスマホを見る女性

子どもの見守り心配ですよね!?

 

登下校時はもちろん、塾通い、遊びなど、子どもたちが外出している間の行動は心配の種でしょう。

 

子どもにスマホを持たせようかと迷っているかも知れません。でも子どもにスマホは別の心配もありますね。じゃぁ見守りをどうしたらいいの?

 

そんなお父さん、お母さんの悩みを吹き飛ばしてくれるのが、NTTグループNTTレゾナント株式会社が開発した、子どもを遠隔から見守るサービス【goo of thingsいまここ】(以下、いまここ)です。

 

【いまここ】は子どもに持たせた専用GPS端末を介して受信した位置情報を、保護者がスマホに登録した「gooof things」アプリで確認することができます。

 

子どもの現在地をリアルタイムで確認できるだけはありません。

 

学校や塾、自宅など子どもたちが頻繁に訪れるスポットをあらかじめ登録しておくことで、登録スポットへ出入りした際に保護者へ通知が届く機能を備えています。安心ですね。

 

ぜひスマホと比べてみてください。スマホにない機能がたくさん!費用も安いですよ。以下の記事で確認してください。

 

【いまここ】はカリタス小学校(川崎市多摩区)が導入するなど利用が広がっています。

 

ここをクリック⇒子どもの見守りサービス【goo of things いまここ 】

 

 

【いまここ】は子どもの位置をリアルタイムに表示

 

 

子どもの帰宅が遅いといつも心配です。せめて子どもが今どこにいるか分かるだけでも少し安心しますよね。


 

 

いい方法がありますよ。遠隔地にいても子どもの居場所をリアルタイムで確認できる見守りサービスを利用してはいかがですか。


 

【いまここ】を利用すれば、子どもが今どこにいるか、保護者は簡単に確認できます。

 

【いまここ】は専用のGPS端末と、保護者のスマートフォンを用いた「見守りサービス」です。

 

子どもにGPS端末を持たせ、保護者がスマートフォンの専用アプリを使うことで、子どもの居場所や行動を把握できます。

いまここGPS

 

子どもに持たせる
【いまここ】のGPS端末 
  縦横5cm、厚み1.5cm。重量39g 

 

GPS端末の価格は9680円(税込)、

サービスの月額利用料が638円(税込)
月額利用料は初月無料

 

ここをクリック⇒【いまここ】

 

【いまここ】は「マップ」に指定した特定の場所への出入りも通知

 

アプリのマップに子どもの現在位置が表示されるだけでありません。

 

マップに「学校」や「塾」、「友達の家」など特定の場所を指定し、子どもがそのエリアに入ったことや出たことをスマホに通知する機能があります。

 

子どもが無事に目的地に到着したこと、帰宅し始めたことが分かるわけですね。しかも子どもが移動したルートも記録できます。

いまここ地図

 

いまここ通知一覧

 

 

【いまここ】は子どもの危険を避ける

 

 

親がスマホのマップをずっと見ていなくても、ちゃんと子どもが学校や塾に到着したことが分かるから安心ですね。


 

 

それだけではありません。【いまここ】は子どもの危険回避にも大いに役立ちますよ。


 

ここをクリック⇒【いまここ】

 

【いまここ】は「交通事故が多い場所」や「不審者情報があったエリア」をアプリのマップに「危険地域」として設定できます。

 

「危険地域」に子どもが入ったとき、そこから出たタイミングで保護者に通知が飛ぶようになっています。

 

もし子どもが危険地域から移動しない場合は親が駆けつけたり、持たせている携帯電話に電話するなどの対応ができるようになります。

 

また、GPS端末の中央部にある「いまここボタン」を押すと、保護者のスマホにすぐに通知を飛ばすことができます。

 

これは子どもが助けを求めるためのSOS機能になります。

 

いまここ危険地域

 

【いまここ】は「goo防災アプリ」と連携して災害時の避難を誘導

 

【いまここ】は、地域における「災害時の避難場所」はじめ「病院」「消防署」「自治体施設」などの位置を表示することができます。

 

もし災害時には、保護者が子どもの避難を誘導する場合に利用できます

 

ここをクリック⇒【いまここ】

 

【いまここ】は簡単操作で使い勝手のよさが特徴

 

 

「いまここ」の機能は分かりましたが使い勝手が気になります。


 

 

そこはポイントですね。他社の類似商品も気になるでしょうから説明しますね。


 

GPS端末の電池は長持ちする

 

GPS端末の電池残量はスマホの専用アプリから確認できます。

 

電池残量の通知は残り20%と10%の段階で送られます。うっかりミスでGPS端末の電池切れを防ぐためのセーフティー機能です。

 

電池の持続時間は、GPSによる位置測定を90秒〜3分に1回行う設定では5日〜7日間です。
3分〜5分に1回行う場合は10日〜14日間です。

 

最短の間隔(90秒)で位置測定を行なっても月曜日から金曜日までの5日間は持つわけですから、忙しいのに週の半ばで充電しなければならない事態を避けることができます。

 

ちなみにGPS端末は子どもが動いていない場合はスリープしています。

 

GPS端末は落下しても破損を防ぐ工夫

 

【いまここ】のGPS端末は、子どもたちがランドセルや習い事のバッグなどにぶら下げて持ち歩くものですから徹底して軽量化を図っています。

 

また雨の日の利用も想定して濡れても大丈夫なように「防水性」を実現しています。

 

さらに、子どもがうっかり落とした場合に破損を防ぐためシリコンカバーが標準装備されています。

 

いまここランドセル装着

 

【いまここ】は他社の類似製品とここが違う

 

@「GPS端末側からスマホに連絡できる機能」の有無

 

【いまここ】にある、子どもから保護者に通知を送る「いまここボタン」のような機能」が、比較対象としている他社製品には付いていません

 

いまここぼたん

 

A「goo防災アプリ」と連携

 

【いまここ】は専用アプリのマップ上に「goo防災アプリ」と連携した防災情報が表示されます。

 

B必要な情報を分かりやすく見やすく、シンプルな表示

 

【いまここ】は「GPS端末とスマホの連携方法」を簡素化しています。

 

表示内容を「子どもの位置情報・行動履歴」という、保護者にとって本当に必要な情報に絞っています。

 

だから、簡単な設定ですぐに使えるし、見やすくシンプルな表示を実現しています。

 

他社製品でもさまざまな情報を地図上に表示したり、行動履歴の記録や各種の通知を送ることができるものもあります。しかし使うまでの設定が非常に複雑だったり、情報量が多すぎて見にくい・使いにくいというのが現状です。

 

ここをクリック⇒【いまここ】

 

【いまここ】で子どもに安全を、保護者に安心を

 

 

 

子どもにスマホを持たせようかと悩んでいるお家もありますが・・・。子どものスマホは心配です。


 

 

【いまここ】の開発のきっかけは子供にスマホを持たせず、いかにして見守るかの研究からスタートしていますよ。


 

共働き世帯や、習い事をする子どもが増えています。その中で、子どもを見守るサービスのニーズが高まっています。

 

だからスマホを持たせようか、と悩むご家庭もありますね。

 

しかし、ご承知のようにスマホを持たせてネット上での犯罪に子どもが巻き込まれる事例もあとをたちませんね。

 

【いまここ】は子どもにスマホを持たせることなく見守りを実現した優れた商品です。

 

【いまここ】の活用が社会に広がることを願っています。
いまここ仕組み」

 

 

 

まとめ
ネット犯罪に巻き込まれることが心配なスマホを子供に持たせることなく、遠隔地から見守って子供の安全を護るのが【いまここ】です。

 

子どもが今どこにいるかをリアルタイムに教えてくれるだけではありません。保護者が指定した危険地域への出入りも教えてくれます

 

子どもはイザというときSOS発信もできます。

 

子どもには安全を、お父さん、お母さんには安心を与えてくれる【いまここ】です。

 

導入は簡単、我が子が心配なお父さん、お母さんに強くお勧めします。

 

   ↓  ↓  ↓
ここをクリック⇒子どもの見守りサービス【goo of things いまここ 】